再生激安バッテリーは自分で交換できる割安なバッテリーです。輸入車の適合バッテリーもあり。毎回高額な新品を購入するのがバカらしいと思っている方はご検討ください。

バッテリー格安通販|自動車・バイク・輸入車・農機・船舶向け用

ガソリンスタンドや量販店でバッテリー交換してませんか?それは絶対損です!!

バッテリー|自動車用バッテリー 格安通販 益城電池
バイク・輸入車・農機・船舶・カーバッテリー、バッテリーを激安価格で販売。
いつまで自動車部品メーカーの言いなりになっているつもりですか?
益城電池のバッテリーは通常の50%OFF。
新品と性能的に変わらない十分な機能です。

◆大量仕入れにより50%OFFを実現
毎回高額な新品を購入するのがバカらしいと思っていた時に、運良くこの益城電池のバッテリーを見つけました。 家の駐車場であればなんとかなりますが、路上でトラブルになると大変です。 素人の方でも簡単にバッテリー交換できる動画を配信しています。
ディーゼル車の場合は、特に早めに替えた方がいいですね。
キャンペーン中は廃棄バッテリーの無料回収しています。
>>> ★激安バッテリーの驚きの価格を確認してみる


スポンサードリンク

バッテリー、輸入車の適合バッテリー情報

冬のバッテリーのメンテナンスの注意点

バッテリーにとっては、極度に暑い日も寒い日もどちらもあまり好ましくありません。
特に冬場のバッテリーには少し注意を要します。

寒い冬場はバッテリーが電気を作りづらい環境です。
なるべくバッテリーに蓄電するような乗り方を心がけましょう。
そうすれば、バッテリー上がりやエンジンがかかりにくいといった現象を避けられます。

冬場のバッテリーのメンテナンスについては、寒い地方に住む人たちの対処方法が参考になるでしょう。

再生バッテリー

寒冷地の人たちは車を使わない時には、ボンネットを開けてエンジンとバッテリーに毛布をかぶせているそうです。 そうすることでエンジンオイルが冷えないようにすると同時に、バッテリーの冷えを防いでいるそうです。ぜひ冬場の対策として取り入れてみましょう。

なぜ冬場はバッテリーにとって注意が必要なのでしょうか。
冬にエンジンがかかりにくいということはありませんか?

それは寒いとバッテリーが電気を作りにくくなってしまうからです。
電気が作りにくいということは、それだけ電気容量が減ってしまうことにもなります。
バッテリーが冷え切ってしまって、エンジンをかけるために必要な電気容量が足りない可能性があるのです。

1年に1度程度はバッテリーのメンテナンスが必要です。
特に冬場にメンテナンスすることをお勧めします。

バッテリーが放電する仕組みとは

バッテリーの放電する仕組みを理解し、効率の良い乗り方を考えてみましょう。

バッテリーというのは自ら充電する二次電池です。
これは一度で使いきりの電池ではなく、自動車を走行させることでバッテリーが随時充電されていくという仕組みです。

過放電を続けていると、充電の妨げになり、バッテリーが劣化してしまいます。
電力の使いすぎも、逆に電力をあまり使わないのも、バッテリーにとってはマイナスになります。

バッテリーは常に放電しています。長い間乗車していない車であっても、時計の時刻が合っていたりするのはバッテリーが常に放電している証拠なのです。
そのため定期的に乗車して、バッテリーに充電することが大切になってきます。

また、同じように乗車していても、バッテリーの放電について差が出る場合があります。

電力をたくさん使う乗り方をする以外にも、長い間クルマを動かさず電力を貯めないような乗り方をすることも、バッテリーの放電を促すことになるのです。

乗り方次第でバッテリーの放電量が変わってきます。

もう一つ気をつけたいのが過放電です。バッテリーの電圧が10.5Vまで上がり続けることで、充電を妨げる原因になります。
例えば、放電が多い例として

1)エンジンのON/OFFを何度も繰り返す
2)走行距離が短い
3)渋滞に巻き込まれる
4)デコレーションなど、消費電力の大きな装飾がある
5)前回乗車時から長い期間が空いている
などがあげられます

非常用電源として予備電くん、計画停電対策

関東や、東北での計画停電で法人のみならず個人でもこれから電力需要の旺盛な夏場に向けて、停電によるダメージ対策をしなければいけません。

では関東、東北以外は大丈夫かというとそうともいえません。
関東、東北以外でも計画停電の可能性がありそうだからです。

私が住んでいる福岡でも計画停電の可能性がでてきました。
佐賀に九州電力の原子力発電所がありますが、今回の震災の影響で原発を停止せざるをえないという指摘だでています。

もしそれがあれば九州も大幅な電力不足が原因で計画停電を実施することになるでしょう。


計画停電の影響でどういうことがおこるでしょうか?
ちょっと考えてみましょう。

一例あげると生物を飼っている飲食店や、ヒーターの必要とする熱帯魚ショップなど、致命的な損害を受ける業種もあるのではないでしょうか?

このような場合もし車のバッテリーを使った非常用電源でもあればどんなに有効でしょうか?

つまり家庭用電源でバッテリーを充電して、停電時に変圧器を使って充電したバッテリーから電気を取り出すというような機能を想像してください。


◆停電時の非常電源の機能と構造

充電器→バッテリー→変圧器でコンセントが使えるといった機能・構造です。


◆非常電源のQ&A
1)どのくらいの時間使えますか?

ノートパソコンならば5~6時間ほど使用可能な容量です。
携帯の充電やLEDの省電力照明ならば10時間以上使えます。


たとえばインターネットを使用する会社や個人ならパソコンが止まるとダメージが大です。
もしパソコンは止まらなくなったらひとまず安心ですよね。


◆充電式なら節電にならないじゃないか!という指摘もあります。

今回の計画停電は朝と夕方のピークカットを目的とした節電なので、
電力も夜中に充電すれば電力不足に対し迷惑がかかることはありません。

実は電力会社は夜中の余った電力は廃棄しています。
その理由は、電気貯蔵ができないからです。

そこで各家庭で昼間使う電気を深夜に貯めておけばいいのではないか、と考え非常用電源が生まれました。


業務用で2000wくらい使えるものも急務で制作中。
2000wあれば業務用の冷蔵庫でも使えたり、パソコンも10台くらいは同時に使えるでしょう。

>>> 非常用電源に予備電くん~計画停電対策


◆非常用電源~予備電くんの【仕様】
1)停電時に携帯や家電が充電できる!非常用電源セット 38Ah
2)製品の特徴停電時にバッテリー(DC12V)からインバーターで家庭用電源(AC100V)を使用可能。
3)コンセントが使用でき。無停電時に専用充電器で充電することで、繰り返しバッテリーを仕様可能。
4)パソコンや携帯電話用充電器、水槽など大きな電化製品以外の電源供給に重宝!!
5)LED照明(13W)が10時間以上使用可能。
6)充電時間は放電量にもよりますが50%の残量の場合6A充電で5時間程度。
7)充電器は過充電防止装置が付いておりますので過充電によるバッテリーの劣化を予防。

注)バッテリー充電器・インバーターは在庫状況によって他メーカーの同等品に代わることもあります。


>>> 非常用電源に予備電くん~計画停電対策



【再生バッテリーに関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0