再生激安バッテリーは自分で交換できる割安なバッテリーです。輸入車の適合バッテリーもあり。毎回高額な新品を購入するのがバカらしいと思っている方はご検討ください。

パルステクノロジーによる鉛バッテリーの再生・延命メカニズム

鉛バッテリーの再生と延命のメカニズムを解説しましょう。

簡単な流れは以下のようになっています。

1)バッテリー再生・延命システムが鉛バッテリー内部の
  サルフェーションをクリーニングする

2)サルフェーションの再付着を予防 する

3)鉛バッテリーの延命
  パルステクノロジーでバッテリー内部をクリーニング
  それによって鉛バッテリーが再生され長持ちする

といった流れです。
☆サルフェーション=電気を通さない物質 という意味です。


【サルフェーションの分解 】

鉛バッテリーの電源供給により、バッテリー再生・延命器/ナノパルサーというものが微弱特殊パルス電流をバッテリー内部へ流していきます。

微弱特殊パルス電流により、白色状の電気を通さない物質=サルフェーションが表面から徐々に分解されていきます。
微粒子分解されていくのは安全にゆっくり行われるため、電極板を傷めることはありません。


【サルフェーションの溶解 】

サルフェーションが鉛と硫酸に分解されて、電解液中に溶けていきます。この時、微粒子分解された鉛イオンと硫酸イオンは沈殿しません。
パルス波の電流は微弱です。

【充電の繰り返しによる再生 】 

充電時に鉛イオンが電極板に戻り、硫酸イオンが電解液に溶解していき、希硫酸が生成されます。

バッテリー液の硫酸濃度が徐々に上がり均一化するため、バッテリー液のコンディションが回復していきます。

そして電極板の表面は徐々に通常のスポンジ状に戻り、鉛バッテリーが再生されていきます。

従来の海外製システムは熱振動作用によりサルフェーションを強制的に剥ぎ落とす荒っぽいやり方だったため、電極板が傷んだり、剥離したサルフェーションの塊がバッテリーの底に沈殿する等の問題が発生していました。この点がパルステクノロジーとの大きな違いです。


【バッテリー延命】

バッテリー再生・延命(アンチエイジング)システムの常時接続により、電極板上のサルフェーションの付着を予防します。

それによってバッテリーの電極板が持つ本来の寿命に近づけます。

最終的なバッテリー寿命というものは、電極板の耐久性によって決まります。したがって、電極板の物理的な寿命まで、充電と放電サイクルが半永久的に繰り返されます。

また、サルフェーションを日常的に予防することで安定したバッテリーパワーが持続するのです。

>>> ★激安バッテリーの適合表はコチラ★


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0