再生激安バッテリーは自分で交換できる割安なバッテリーです。輸入車の適合バッテリーもあり。毎回高額な新品を購入するのがバカらしいと思っている方はご検討ください。

バッテリーが放電する仕組みとは

バッテリーの放電する仕組みを理解し、効率の良い乗り方を考えてみましょう。

バッテリーというのは自ら充電する二次電池です。
これは一度で使いきりの電池ではなく、自動車を走行させることでバッテリーが随時充電されていくという仕組みです。

過放電を続けていると、充電の妨げになり、バッテリーが劣化してしまいます。
電力の使いすぎも、逆に電力をあまり使わないのも、バッテリーにとってはマイナスになります。

バッテリーは常に放電しています。長い間乗車していない車であっても、時計の時刻が合っていたりするのはバッテリーが常に放電している証拠なのです。
そのため定期的に乗車して、バッテリーに充電することが大切になってきます。

また、同じように乗車していても、バッテリーの放電について差が出る場合があります。

電力をたくさん使う乗り方をする以外にも、長い間クルマを動かさず電力を貯めないような乗り方をすることも、バッテリーの放電を促すことになるのです。

乗り方次第でバッテリーの放電量が変わってきます。

もう一つ気をつけたいのが過放電です。バッテリーの電圧が10.5Vまで上がり続けることで、充電を妨げる原因になります。
例えば、放電が多い例として

1)エンジンのON/OFFを何度も繰り返す
2)走行距離が短い
3)渋滞に巻き込まれる
4)デコレーションなど、消費電力の大きな装飾がある
5)前回乗車時から長い期間が空いている
などがあげられます

>>> ★激安バッテリーの適合表はコチラ★


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0