再生激安バッテリーは自分で交換できる割安なバッテリーです。輸入車の適合バッテリーもあり。毎回高額な新品を購入するのがバカらしいと思っている方はご検討ください。

冬のバッテリーのメンテナンスの注意点

バッテリーにとっては、極度に暑い日も寒い日もどちらもあまり好ましくありません。
特に冬場のバッテリーには少し注意を要します。

寒い冬場はバッテリーが電気を作りづらい環境です。
なるべくバッテリーに蓄電するような乗り方を心がけましょう。
そうすれば、バッテリー上がりやエンジンがかかりにくいといった現象を避けられます。

冬場のバッテリーのメンテナンスについては、寒い地方に住む人たちの対処方法が参考になるでしょう。

再生バッテリー

寒冷地の人たちは車を使わない時には、ボンネットを開けてエンジンとバッテリーに毛布をかぶせているそうです。 そうすることでエンジンオイルが冷えないようにすると同時に、バッテリーの冷えを防いでいるそうです。ぜひ冬場の対策として取り入れてみましょう。

なぜ冬場はバッテリーにとって注意が必要なのでしょうか。
冬にエンジンがかかりにくいということはありませんか?

それは寒いとバッテリーが電気を作りにくくなってしまうからです。
電気が作りにくいということは、それだけ電気容量が減ってしまうことにもなります。
バッテリーが冷え切ってしまって、エンジンをかけるために必要な電気容量が足りない可能性があるのです。

1年に1度程度はバッテリーのメンテナンスが必要です。
特に冬場にメンテナンスすることをお勧めします。

>>> ★激安バッテリーの適合表はコチラ★


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0